いろいろな節約法



昼食の節約

 

昼食の節約には何と言っても一番手っ取り早いのがやはりお弁当を自分で作って持参するということが一番ではないでしょうか。昼食を毎回外で食べていればどんなに安い定食でも600円はすると思います。それが20日も続ければそれだけで12000円も使ってしまいますから、それを節約するためには、できるだけ毎日お弁当をつくってもって行くというのが一番の昼食の節約になるのではないでしょうか。

 

 

昼食の節約のためにお弁当を持っていくというのは、結婚している人なら奥さんに作ってもらえばいいのでいいかも知れませんが、独身の人で一人暮らしの人の場合にはなかなか難しいと思います。そんなときでもせめて、白ごはんだけでも持っていくようにすればかなり節約につながると思います。

 

 

また休みの日にたくさんお米を炊いておいて一回分ずつおにぎりにして冷凍にして冷凍庫に入れておけば、お弁当が用意できない人でも、毎日白米を炊くのが面倒な人でも手軽におにぎりを持っていくことができて昼食の節約につながります。

 

 

もしも物足りない人はおかずも冷凍しておくとかおかずをスーパーで買うとかコンビニでおかずだけを買うなどすれば、200円以内で収まると思いますからそれなら20日間食べたとしても、4000円なので昼食の節約になります。