いろいろな節約法



社会保険料の節約

 

会社によっては社会保険料がかなり経営を圧迫しているとうこともあると思いますから少しでも社会保険料を節約したいと思っているところも多いのではないでしょうか。

 

 

社会保険料の節約の方法としては、税金を節約するときのように、即効性のある節約の効果というのはあらわれないと思いますが、社会保険料はその会社の利益が上がらなくても、働いている人を雇っているだけで払わなければいけませんから、売上が下がってきている会社や、これから先の将来が不安な会社などは少しでも社会保険料を節約しなければいけないのです。

 

 

社会保険料の節約には、社会保険労務士や労働のプロなどに相談しながら社会保険料を節約するためにはどうすればいいのかなどのアドバイスを受けるということがとても大切なことだと思います。

 

 

なかなか会社の経理だけで考えていても社会保険料を節約するということは難しいことだと思います。具体的にはどのようなことが社会保険料の節約につながるのかというと、昇給をする場合には7月以降にすると社会保険料を節約することができますし、清金手当などを支払う場合には、偶数好きに支払うのではなくて、奇数月に二カ月分を支払うようにすれば社会保険料の節約につながります。